カテゴリー別アーカイブ: お絵描きトレーニング

宣材ピンナップ!

5月ですね。GWですね。(…なぜか目から汗が…)
世間の喧騒などカンケーなくひたすらシコシコとイベントシーン画像を描き続けております陰陽でございます。

以前「イベント絵できるだけたくさん出します」って書いたんですが、その後、どの程度公開して良いものかと悩んでおりまして。
エロいグラフィックの宣伝効果は百万言を凌駕する!のはよくよく存じておりますが、イベント絵を公開すればするほど本編プレイ時のインパクトは削がれてしまうであろうし、難しいトコロです。

本編には登場しない描きおろしイラストピンナップ作れば一番良いんでしょうが、そんなコトしてる余裕は時間的にも精神的にもでんでん無いし~…

そんなこんなで今回は、イベント絵の差分を組み合わせて多分本編では登場しないポーズ&表情でピンナップぽく1枚作成してみました。
まぁ…生存証明、制作進行証明のアリバイみたいなお品です。本編では若干トリミングされて、背景が入って、お相手♂の画像も入って、全体の色調も調整変更するので、だいぶ雰囲気の違う仕上がりになってくると思います。
scene-雨の車中での愛撫サンプル

僕はイラストの経験があまり無いので、今も1枚1枚描きながら少しずつ色んな手法を試しているのですが、そのせいでなかなか絵柄が安定しません(汗

この絵で一番苦戦してるのはティクビの描き方&塗り方です。
こう…ググッとエロく勃起した、だけど使い込まれてはいない新鮮さ可憐さを兼ね備えた、そんなフルーティーで美味しそうな乳首を描きたいのですが上手くいかなくて…
あとお肌のシズル感。肌色見てるだけでおっきしてむしゃぶりつきたくなるような瑞々しさをもっともっと醸したいのであります。
まだまだアレコレ描きながらの表現方法の手探りが日々続きます。

そういえば…描くたびに輪郭線が細くなってきてますね。
モノクロなマンガの描き方がベースにあるせいで、形を輪郭線で捉える発想に自分が馴染んじゃってるのを描いてて強く感じてたんですが、でもカラーで塗りを入れてくと輪郭線の比重は落ちてく、むしろ主張させないよう色味も薄くして消せるところは消して途切れ途切れくらいでもイイかも…と。

塗りのほうも、以前書いたグリザイユ技法ベースの多段レイヤー構成法から段々変わってきてます。
モノクロでしっかり画面構成した上で、色味を乗っけていく、という基本的な考え方は変わってないのですが、全部をレイヤー分けしてくとあまりにも枚数が増えて、後々の管理が逆にやりにくくなってしまう。
なので今は…

  1. 線画フォルダ
  2. 濃淡フォルダ
  3. 基本塗りフォルダ

…くらいの3段程度にフォルダ分割して、それぞれのフォルダ内へパーツごとに単色レイヤー作って塗り&線画を入れて、各レイヤーのマスクで濃淡やパーツの前後関係を調整するようなやり方。
そんでもって作業しながらちょくちょく全体をモノクロ表示にして、画面の陰影バランスを確認しながら作業してます。
「色彩・彩度・明度」調整レイヤーは我が最大の盟友です。

類型的に言えばギャルゲ塗り、になるのかな。
大それた最終目標を掲げれば………今は亡きelf塗りですね~。


『オレの彼女は堕ちてない!』主要男性陣のお披露目( ´,_ゝ`)プププ…

kin-iconえーとまぁ本日はタイトルに偽りアリっつーか話題作りのためのちょっとしたネタ投稿とでも言いますか………

「エロ絵師には二種類居る。チンコを描くのが好きなヤツと嫌いなヤツだ」
というのはルネサンス期に活躍した著名な春画家チンポコ・オッキターゼの名言ですが、ワタクシ自分で自分がそのどちらに属するのか正直測りかねているところがございまして。

描き出す前は
「あ~うぜ~ヤローの竿なんぞ懇切丁寧に描きたくね~(ノД`)」
…って布団の上ゴロゴロ転げまわって嫌がってんですが、いざ描き出すとそのチンコに私メの魂が憑依しましてですね、
「コイツがこのコのアソコをこうしてココをああしてウッヒッヒッヒ………」
…みたいに執拗にカキコミたくなってくる次第であります。
気が付くとチンコの皺がアーでもないコーでもないとアッという間に1~2時間溶かしちゃったりとかもぅね、アホかと、バカかと。

しかるにこのワタクシの中のチンコ描きたい描きたくない両派はかつてフランス議会を二分したジロンド党とジャコバン党の対立の如く激しく、その両翼が和解のテーブルに着いて喧々囂々協議した結果出てきたのが

「予め3Dモデルで思いっきり作り込んどけばイイんじゃね?(゚Д゚ )」

…ていう妙案なんだかどうなんだかよく分からない答で。


昔むか~しね、「他に使う人いないだろうから個人名義で登録してイイよ~」ってお仕事の経費で購入して頂いたものの、ろくすっぽ使うこともなく眠らせていた某有名CGアプリ。多分名前書かなくてもその筋の人が絵を見りゃ一発で分かるアレです。
いや~つくづくエロの力というのは偉大ですね。「明日花チャン(のマ○コ)を掘り尽くすためならエ~ンヤコ~ラッ」って一念発起して解説書首っ引きで勉強しながら作ってみましたよ。そしたらまぁ、すっごーい!たーのしー!さすがCGに革命をもたらしたと言われるアプリです!

male-genitals-displayまぁネタがネタなんで、ちっさい画像でコッソリ可愛くアップしますね。
ご興味おありの方はクリックしてゴレンジャーの雄姿、大画面でとくとご覧ください。

他にも登場チンブツはおられますが、今回は主要メンバーだけの精鋭陣でお届けしてます。
…ていうか今んトコこんだけしか作ってない。そうでなくてもスケジュール押しまくってるのに、なんぼなんでも1カットしか登場しないかもしれない、カメラアングルによっちゃ見えるかどうかも分かんないモブチンコまでウヒャウヒャ喜んで作ってる場合じゃねーッつの!>ワシ
ただCGの強みは、ベースになるモデルを1個作っとけばバリエーションどんどん生み出せること。今じゃ必要とあれば小一時間もありゃ2~3コ作れちゃいますゼ。あ~CGチンコ職人ってお仕事ないかしら。

本編にてご活躍予定のこちらの五名の方々は、いずれも元になった原型モデルさん(弊社では「アダム」と呼んでおります)を揉んだり捏ねたりして、長さ・太さ・形や反り、色合いからカムり具合、ビキビキ浮き立つ血管に至るまでそれぞれ個性を持った、♪せ~かいに~ひ~とつだ~け~のマ~ラ♪となっております。
せっかく20マンポリゴンくらいまで作り込んだのに、モザイク入れなくちゃならなくて細部までお見せできないのが甚だ不憫でございます…ヨヨヨ(ノД`)

それでは本日はこのへんで。
彼らヒーロー達が活躍するシーンのお絵描き作業に戻りま~す…〆(・ω・;)シコシコ


役者は揃った!S.H.Figuarts vs figma archetype

10月発売を予定していたfigmaのarchetype nextが、1ヶ月も早く送られてきました!ので、当方所属のデッサン用モデル全員揃い踏みの記念集合写真を撮影してみました。陰陽倶楽部所蔵デッサンドールパリピなヤリサーで灰色も肌色も首ナシ奇行種も酒池肉林の乱交乱交~ヽ(゜∀゜)ノウェ~イ

さぁコレでタイトルどおり「役者は揃った!」
もう輪姦シーンだろうが乱交シーンだろうがドンと来い!後は描くだけじゃぁ!←それが問題(´・д・`)ショボ-ン

ま、まぁ何はともあれ、今日は到着したばかりのfigmaペアと、先行ライバルともいうべきS.H.FiguartsのBodyちゃん&Bodyくんとの比較記事と、
合わせてデッサンドールの最高峰とでも言うべきファイセン・リミテッド (何?上には上が?Edation Hotstuffとか?イヤイヤままま…)の見せびらかしご紹介をば。
ファイセン・リミテッド 1/6スケール 超柔軟性シームレス女性素体 ペールスキン バストサイズL(S07C)


まずはBodyくんとfigma archetype ♂との比較対決から。

Bodyくん vs figma archetype「オジサン、パンツから覗いてますよ?」「おいなりさんじゃねェよ!」

こうして二人並んでもらうと、Bodyくんの方が頭半分長身で、股下も長くてスラッとしたイケメンボディです。
対するfigmaは、そのイケメンBodyくんへのコンプレックスをバネにカラダ鍛えまくったムキムキおっさん、って感じです。

肝心のデッサンドールとしての可動域については、どちらも大きな遜色はありませんでした。一番大きな差を感じたのは首の可動域ですかね。
「あ、オジサン、空から鳩のウンコが」「み、見えねェ!」
Bodyくん vs figma 首反らし比較Bodyくんは首だけでも何とか上空を見上げることが出来ますが、オッサンは首太過ぎてほとんどアゴ反らすことが出来ません。鍛え過ぎやねんオッサン。

Bodyくん vs figma 座位姿勢比較
「どうもどうも」「いやコリャどうも(頭が高いわ、もっと深々とお辞儀せんかい若造!)」

前屈&膝曲げについては両者こんな感じ。さすがにどっちも完全正座は無理ですね。
Bodyくんがよく出来てるなと思うのは、膝関節が単純な回転ジョイント1個でなく、大腿部パーツと脛部パーツを膝関節パーツで繋ぐ3段構造になってることで、コレは実際の人体の膝骨格の仕組みに近く、自然な膝曲げが出来ます。
対するfigmaの方は、膝関節は1軸の回転ジョイントですが、大腿裏側の部分を大きく彫り込むような造形にしてそこにふくらはぎ部分が嵌まり込む仕組みによって膝の屈曲角度を稼いでます。
両者の方式をいいとこどりにして組み合わせたら完全正座姿勢も可能になるかも。

Bodyくん vs figma 前屈比較「カラダ堅いな君」「さすがオジサン鍛えてますね!(脚短ぇだけじゃね?)」

前屈の柔軟性では若干figmaオッサンが上かな。
Bodyくんは太股付け根が腰パーツにつっかえるので、最大限前屈しても足先まで指が届きません。対するオッサンはちゃんと両手で自分の足先持てますが、単にBodyくんより短足だからって説もありますw
ここでもfigmaさんは腰部分の窪みに太股上部が嵌まり込むような仕組みによって柔軟性を稼いでて、総じてこうしたパーツの細かい凹凸造形による工夫が行き届いている感があります。

デッサン資料用としてドール単体で考えると、価格からコストパの観点で比較するとfigmaの方に軍配上がりますかね。
ただ、着脱可能な手のパーツはfigmaは左右対称な3パターンx2=6個に対して、Bodyくんは両手合せて19個も付いてきて刀や銃などの小物パーツも充実していて(DX SETの場合)、そこが価格差になってると考えればまあ。
ちなみにBodyくんの手をfigmaに付けれないかと試してみましたが、Bodyくんの手パーツの穴寸よりfigmaのジョイントの方が若干太いので、無理矢理やればBodyくんパーツを傷めそうですので止した方が良いでしょう。反対にfigma手をBodyくんに嵌めることは可能ですけど、元々Bodyくんの手パーツの方が揃ってますので、やる意味は薄いですね。


続いてはデッサンドールの華、女性モデルのBodyちゃんとfigma archetype ♀。

Bodyちゃん vs figma archetype「わぁお姉さんスタイルいい!」「アナタだってカワイイわよ、幼児体型でw」

こちらは男性陣ほどの身長差はありません。プロポーションも同等ですが、むしろ頭はfigmaさんの方が一回り小さめでいわゆる八頭身寄りのファッションモデル体型。対するBodyちゃんは頭は大き目で腰細め、アニキャラ向けにややデフォルメされたボディシェイプで、両者のコンセプトの違いを感じさせられます。

両者とも正座が出来ないのは男性フィギュアと同じ。

Bodyちゃん vs figma 座位姿勢比較「クッ…足、痺れ…ッ」「イ、イイのよッ。どうせ今時畳部屋なんか無い家の方が多いんだからッ!」

どちらも足が細いせいか、膝の屈曲角度は男性モデルを若干下回ってますね。
特にもったいないなと思うのはBodyちゃんの方で、せっかく男性版と同じく二重関節の膝ジョイントを使用してるのに、上側の回転軸が実質固定されていて、二重構造の意味を成してない。
またこのBodyちゃん、女性のほっそりした外観を意図してか、Bodyくんに比べると全体的に作りが華奢で、関節部など少し手荒く扱うと簡単に壊れてしまいそうな恐さを感じます。そんなトコまでリアル女性を感じさせてくれなくてイイってば!

柔軟性対決はfigmaさんに軍配。

Bodyちゃん vs figma 前屈比較「ホラホラ、サボると体鈍るわよ~!」「(お姉さん、お腹つっかえてる。便秘かな?)」

膝関節が若干逆反りするのもあって体前屈も余裕ですが、ただfigmaさんは腰に対するお腹周りの前後可動域はほぼゼロ(左右には若干曲がります)なので、胸部を無理に折り曲げてる感じで、人体の自然な前屈姿勢の再現性ではBodyちゃんの方がリアルですかね。
あとfigmaオヤジと違って、figmaさんは首&頭部も大きく前後屈可能です。何でこの作りを男性側にも採用しなかったんだろう。やっぱ首太過ぎンねんオッサン。

Bodyちゃん vs figma 後屈比較特筆すべきはヨガ教室が開けそうなくらいのfigmaさんの後屈時の柔軟性で、その柔らかさにはBodyちゃんもビックリ!

「どうやったらそんなになれるんですか?」
「今度インストラクター紹介したげる。お楽しみにウフフフ…」


まとめてみると、リアル寄りな美男美女の絡みを描くにはBodyくん+figmaさん、て組み合わせになりますかね~。

Bodyくん+figmaカップリング「助けて!Bodyくん。もうあんなドSなマッチョ親父の慰み相手はイヤなの!」
「可愛そうなfigmaさん。僕がアナタを、身も心も癒してあげますよ…」

そしてパートナーをネトラレたfigmaオッサンのドラゴン怒りの鉄根が、憐れアニキャラ美少女Bodyちゃんに炸裂!…て感じでしょうかゲヘヘヘ

Bodyちゃん←figma カップリング「オラッオラッ!まだまだガキだがこれからタップリ手間暇かけてオマエもアイツみたいに仕込んでやるぜ!」
「たッ助けて…助けて、Bodyクン………あぁアッ!!!」

てなショーモないコントまで書いてたら、随分長くなってきちゃいました。
そんなわけでファイセン・カップルの自慢レビューは、記事を改めてまた後日と致します。


色塗りがヘタな僕の立ち絵塗り方まとめ【後半】

更新しばらく間が空いてしまいましたが、【前半】に続いて色乗せ工程を紹介します。
(だけど多分この記事、ほぼ需要無いッスね(^^;
まぁ自分用の備忘録ってコトで………)

実はタブレットで手を動かして塗る作業は【前半】部分でもう7~8割方終わっちゃってます。
ここからはとにかくデジタルの強みに全面的におんぶにだっこしてもらって楽していきます。


まず、【前半】の最初で作った「下塗り」のフォルダを、中身のレイヤーごとまるっと複製して「線画」フォルダの上まで引っ張り上げ、合成モードを「カラー」に変更します。

2016-06-16_12h22_52「カラー」合成モードは、そのレイヤーの色相と彩度で下のレイヤーを塗り潰すモードですが、
今は下敷きになっている「下塗り」フォルダと同じグレー画像が乗っかってるだけですから、何も変化は起こりません。

それでは、この「カラー」フォルダの中のレイヤー全部に透明度のロックを掛けてから、それぞれお好きな色でレイヤー全体を単色で塗り潰し~ッと。

2016-06-16_12h48_11ジャジャーン!
アッという間にカラー化できました!

理屈はお分かりになるでしょうか?
「カラー」を乗っける前の段階で全体の明暗設計は終わってるので、そこに「カラー」フォルダでそれぞれのパーツの色に関する情報(色相&彩度)を付加してあげてるんですね。

このやり方だと各パーツの固有色を、単色で塗り潰したレイヤーひとつずつが受け持っているので、その後の色味の変更も「色調補正→色相・彩度・明度」などでスライダ調整してあげれば自在です。
2016-06-16_12h56_47僕はとにかく色感に自信がないので、こうやって色んな色彩で変更・確認しまくりながら、最終的な色合いを決定しています。

この時、「色調補正」スライダの「色相」と「彩度」によって担当パーツの色味は大きく変化しますが、「明度」スライダの影響はあまり出てきません。
このレイヤーは「カラー」合成モードなので、明度の情報は画像にダイレクトには効いてこないからです。
(ただ…個々の色相にはその色が一番鮮やかに見える手頃な明度ってのがあって、彩度スライダだけでこの「鮮やかみ」が出ない時は明度スライダの調整が効いてくる事もあります。
多分コレ、色彩学で言う「バルール」ってヤツと関係してるんじゃないかと思ってるんですが、まぁ、そのへんはホント理屈っぽい話になるんでひとまず今回はコレ以上はスルーしときます)
対象部分の明度を調整したい時は、「カラー」フォルダの中のレイヤーでなく、一番下の「下塗り」フォルダ内の対象レイヤーを選択して、同じく「色調補正→色相・彩度・明度」などで明度調整してやります。
2016-06-16_13h03_04


モノクロで塗ったヤツに色付けするのは、こんな感じでポチポチっとクリックしたりスライダいじったりするだけ。マウス操作オンリーで、タブレットはほぼ全く使いません。
このサンプル画像くらいだったら、馴れればものの10分もあれば出来てしまいます。

ただ、これだけで終わっちゃうと絵としての味わいが足りないので、ここからは品質を高めるためのニュアンス付けの作業に入ります。


まず、ここまでのやり方だと各パーツの陰影部分は、単に明度が下がった(=黒くなった)だけです。
だけど、実際の影色ってそうじゃない。陰影部分には周囲からの影響によって様々な色味が混じり込んできます。
特に人肌なんか、このままだとドヨ~ンと暗く沈んでて、まるでゾンビのようです(^”^;; コレは何とかしないと。

2016-06-16_12h48_112い、遺影じゃないんだからネッ・・・(^^;;

 

影色ってホント難しくて、悩まれてる方も多いみたいですけど、一応リクツの上での説明は出来ます。
(とココから、センスの無さを知識でカバーしようとした陰陽オジサンの薀蓄。
ちょっとメンドクサイテキストが続きますので、メンドクサイ方はスルーで(^^;)

色の三要素(色相・彩度・明度)に基いて考えます。

まず陰影部では明度が減りますよね。コレは常識。
だけど、どの程度下がるか、ていうのは実は「お好み」でイイ。
カメラの露出や感度を調整すると、明暗のコントラストは変わりますよね。アレと一緒で、「固い」印象の絵にしたければ陰影部分の明度は大きく下げ、「柔らかい」仕上がりの絵なら明度低下は控えめに。
大事なのは絵全体を眺めながら陰影のコントラストを一貫して調整することで、アッチには濃い影付けたのにソッチは薄い影、みたいにバラバラしちゃうと【前半】の陰影塗りのトコでもお話ししたとおり、統一感に欠けた嘘くさい陰影の絵になります。
(僕みたいな塗り初心者が最初からカラーで塗ると、この画像全体の明暗対比と色情報がゴッチャになって陰影の統一感が崩れるのがヘタな塗り絵になる一因かなと思ってます)

そして同時に暗部では(一般に)彩度も下がります。
コレは光量が減ると視覚細胞の色味の認知機能も衰えるので、暗い箇所では明るい箇所ほど明瞭にその部位の固有色が認識できなくなるせいらしいです。

だがしかし、ココから先が理論だけじゃカバーできない。
その物自体の固有色の色相は当たってる光量に関係せず暗くなったからって変化なんかしない筈ですけど、実際に目に映る色相は明部と暗部でズレてきます
これはカラーブリーディングの影響が、暗部の方が強く出るせいですね。

たとえば赤い壁面の部屋に白いブツを置くと、周囲の壁の反射光が影響してブツは赤寄りに色付いて見えますが、
強い光が当たって白いブツの固有色=白が強く主張できる明部に比べると、暗部ではその周囲の反射光の影響が強く表れ出てくるので、色相が赤方向に引っ張られる程度がより強くなります。

この周囲光の影響は複雑に変化するので、影の色味の変化はケースバイケースで一概には決められない。
たとえば左の壁が赤くて右の壁が青い部屋だと、ブツの陰は左側は赤寄り右側は青寄りと、方向や角度で異なってくる。現実には周囲には色んなモノがありますから、それらの影響が絡み合って陰の中の色味は実に多彩です。
(だからこそ絵師さんのセンスが自由に発揮できる箇所で、まぁ僕はそこがヘタだからこんなふうに薀蓄垂れたって大した絵は描けないんですけどね…)

あくまで一般論としては、ですけど、暗部の色相は寒色系にシフトすることが多いですね。
同じ場所でも昼間より夜の絵は、青方向に全体色がシフトしますよね。
これは…色味を感じる視神経の感度差に依るのかなぁ。

以上、メンドクサイ話おわり。


じゃあ、必要な箇所に色味の付いた陰影を足していきましょう。

…と言っても、手作業で上塗りしていくってワケじゃありません。
またしてもデジタルに頼って、【前半】で塗った「陰影レイヤー」を使い回してしまいます。

現在最上位に置かれている「カラー」フォルダ内の、影色を変えたいパーツのレイヤーの直上に、「陰影」フォルダ中の必要な陰影レイヤーを(あるいは「陰影」フォルダまるごとでもOK!)コピーして配置します。
んで、そのレイヤーを「下のレイヤーでクリッピング」
2016-06-16_13h51_35これでこのコピーしたレイヤーは、そのパーツだけに影響するようになりました。

続けて、このレイヤーもまた透明度をロックしてから、お好きな色味で塗り潰します。2016-06-16_14h08_58ほら、赤みの差した肌の影色に変化しました。
2016-06-16_14h08_58これまた【前半】で陰影を黒単色の透明度ベースで描いてたのを利用したワケです。

なお、さっき陰影部分の特徴として「明度=下がる、彩度=下がる、色相=寒色方向にシフト」と書きましたけど、それはあくまで原則。
合わせて書いたとおり陰の中は実に多彩で、原則どおりにやってちゃ絵が活きてこない場面も少なくありません。

特に肌色は、この原則にこだわってたらなかなかゾンビから脱出できません。
明部より暗部の方の赤みを増し増しにして、彩度も高めてやることも少なくないです。
(コレまた理屈を付ければ、人肌は強い光が当たって表面の皮膚色がアピールする明部より、多少翳ってる部位の方が内側の血色が透過して表面に出てくるので鮮やかになるんじゃないかと考えてます)

この操作を、他のパーツにも繰り返していけば、、、

2016-06-16_14h28_40これで九割以上完成です。


さて………
以前は↑の段階までで「できた~できた~」ってお仕舞いにしてたんですが、
その後、輪郭線の仕上がりがイマイチきちゃないな~って思いまして、
現在は最終仕上げで線の色味を調整する工程を加えてます。

【前半】でもちょっと書いたんですが、今解説してるやり方で塗ってると、一番上の「カラー」の指定は塗りの部分だけでなく輪郭線にも効いてきますので、
ご覧のように色付けすると勝手に輪郭線にもその色味が影響して、まるで各パーツごとに線画まで色分けして引いたような見た目になります。コレ結構オイシイ(^^)2016-06-16_14h36_01元々単色の黒で引いた輪郭線が上乗せした「カラー」レイヤーの効果で、ファー、リボン、コートの布地それぞれの色味に変化してるの分かります?

【前半】で「境界上の輪郭線がどちらのパーツに所属するのかまで考えて、輪郭線の下側まできっちり塗り分ける」作業をしてたのは、
このオマケ効果まで見据えてのことでしたd(・ω・)

だけど僕、輪郭を鉛筆で描いてるもんだから、濃淡が安定しなくてイマイチ綺麗な発色にならないのがちょっと残念(・~・)
(最初からペンで輪郭仕上げればイイんですよ。それは分かってるんですけど…ペンで描いてると僕はキモチヨクない。コレはもぅリクツじゃなくて、キモチヨクないモンはキモチヨクないんだから仕方がないヽ(`Д´)ノ)

なので、またまたデジタル頼みで線の色味を整えてあげます。
このやり方は未だに色々試してますが、現状「この方法が一番綺麗な結果が出せて理にも適ってる感じがしてる」っていう手法を書きます。

まず、「線画」フォルダの合成モードを「乗算」にします。
そしてこの「線画」フォルダ内の一番下に真っ白な単色レイヤーを一枚、一番上に「トーンカーブ」の色調補正レイヤーを挿入して、カーブをこんな具合にいじります。
2016-06-16_11h40_02コレ何やってるかというと、濃淡のある鉛筆線を、70%グレーくらいで一律になるように均してるんです。
2016-06-16_11h41_40そうすると均質なグレー明度に均された輪郭線に、上に乗っけた「カラー」フォルダの色相・彩度が乗っかりますから、ムラのない綺麗な発色の輪郭線になります。
2016-06-16_11h43_43

てなわけで輪郭線のお化粧まで仕上げて、ようやく、、、、、完成~!\(*^▽^*)/
毬-立絵-余所行き01


ただねぇ…

自分でこうして記事にまとめてても思いますが、
複雑でめんどっちぃですよねぇ。。。(´・ω・`)

差分と言えば表情の変化くらいしかないサブキャラならまだしもなんですけど、ポーズや服装の差分が何枚もある主役級のキャラなんかだと、レイヤー数がもの凄いコトになって、
「あのポーズであの服装してる時って、どのレイヤーがオンでどれがオフだっけ?」
…ってポチポチ切り替えるのがすっげー手間………いや手間で済んだらまだマシで、
微妙な陰影差なんか見過ごして間違ったレイヤー選択したまま
最終のPNGに統合出力しちゃったり…(´・ω・`)

Photoshopみたいなレイヤーカンプがあれば、それぞれのポーズ&服装ごとにレイヤーの表示/非表示状況をスナップショットしとけば済むので助かるんだけどな~
>セルシスさん…|ω・`)チラッ


色塗りがヘタな僕の立ち絵塗り方まとめ【前半】

小学校の頃から「アンタは何で色塗るとそうなっちゃうの?」て先生や親から言われていた陰陽です。

とにかくね~、色が「見えない」んですよね~。
輪郭線&モノクロの陰影やコントラストの使い方までは、昔からまぁどうにかこうにかイメージ出来るんですが、その先どういう色使いにすると絵が映えるとか、ココにこの色があると引き締まるとか、そういうのが全然浮かんでこない分からない。
なので色彩学の知識なんか齧って一所懸命理論武装してみたりとか、実際のお描き時にもあ~でもないこ~でもないと弄くり回すんだけど、やっぱり持って生まれたセンスの無さ(って日本語変か。「持って生まれられなかったセンス」かな)で、ますます袋小路に陥ってく感が強まって。
描いたヤツしばらく寝かしてから割と客観的に見直しても「ヘタだな~」て思いますから、ホントにヘタなんだと思います(__;
華やかな色彩を描かれる絵師さんの作品なんか見ると「スゲー!(゚∀゚)」て感動する一方で、「何でオレはこんなにダメなんだ~…(ノД`;)」て気落ちもしちゃう。

そんなこんなで、デジタルの強みに頼って、陰影と色味を極力切り分けた塗り方を研究してみてます。
伝統絵画の手法になぞらえて「グリザイユ画法」なんて呼び方もされるようですね。
通常は厚塗りと相性がいい手法みたいですけど、自己流でアレンジしてみたらギャルゲ塗りでも使えなくはないかなと。

先に全体をグレーの濃淡だけで塗ってから、それぞれの陰影に色味を与えていく描き方です。
良い絵はどんなに色彩鮮やかでも、グレーに変換した時の濃淡コントラストも美しいモノに仕上がってる、とエミネムさんってエライ人も言ってましたd(・∀・)

色の三要素として色相・彩度・明度ってのは教科書にも良く出てくるお話ですけど、他にもブツそのものの固有色と影(shadow)と陰(shade)の絡みとか、バルールがナンチャラとか、こうした複数の要素を同時に計算しながら塗っていく複雑さが色塗りを難しくしちゃう原因かな~、と。
それで、塗りがドヘタな初心者の陰陽としては、ちょっと手間は掛かるんですけど、これらの個々の彩色要素をデジタルの力を借りて一旦分解して、最後に自由にそれらを合成して仕上げる描き方をやってみてるワケです。

先々もっと塗りが上手くなってきたらこんなメンドイやり方せずにスパッと一発で塗れるような日が来るコトを期待しつつ…
…なワケで、この手法は現時点でのマイ・ベストで、細かい部分はちょっとずつアップデートしてくだろうし、ずっとこのやり方するかどうかは不明。

あとコレはあくまで立ち絵用の手法で、このまんまイベントシーンの一枚絵にも使えるかどうかは何ともカントモ(・~・)

なお使用ツールはクリスタですけど、SAIやその他ペイントソフトでも同じような手法は可能かと。
いきなり要らん話しちゃいますけど、筆そのものの伸びやかさや発色の良さでは、クリスタ<SAI、てのが僕の個人的な感想です。
機能の豊富さでクリスタに切り替えちゃったけど、塗りの色ムラの出やすさとか、下色との混色時の濁りとか、SAIで塗ってた時には感じなかったストレスをクリスタには感じさせられてます。
まぁ最近は自分でカスタマイズしたブラシ作ったりしながら少しずつ慣れてきてるかなぁ…


モデルは『つまおち』主人公&ヒロインの愛娘、毬ちゃん。
まずは塗り開始前の線画の段階。背景レイヤーを非表示にするとご覧のとおり線以外は透明です。

2016-06-03_11h43_342016-06-03_11h42_05

ちなみに僕は色塗りの次にペンっていう画材が苦手なので(苦手ばっかかよ…(ーー;)、デジタルでもクリンナップまで鉛筆ツールです。
が、これがまた良し悪しで、後述しますが線を鉛筆ツールで描くと塗りの手法にまで影響するんですよね~。
ペンが苦手だ~ヤダ~鉛筆で仕上げまでやっちゃえ!ってやってた時は考えもしてなかった(>_<)

線画にはラスターレイヤーもベクターレイヤーも使います。
体や衣服や顔の輪郭みたいにストロークの長いラインが多くなる箇所はベクターを使い、顔のパーツみたいに細かいトコはラスター使うことが多いかな。


では塗りの工程へ。
まずは下塗りからです。

描けた線画の各レイヤーをまとめて「線画」フォルダに放り込み、
その下にもう一個、下塗り用のフォルダを作って、各パーツ別に塗り埋めていきますが、
この時、下塗りには色を使わずモノクロの濃淡だけで塗り分けていきます。

2016-06-03_11h56_21
輪郭線隠して、完成した下塗りだけ表示するとこんな感じ。
2016-06-03_11h55_43
バックを赤で表示して、塗り漏らしの抜けがないか確認します。
バケツツールで機械的に塗っただけだと、この表示状態にすると輪郭線レイヤーの下になってた部分が透けて隙間開いてる箇所が無数にあったりしますけど、そこを丁寧に手作業で塗り潰してあげて、この状態まで仕上げます。

パーツの境界線になる線画のラインが、どちらのパーツに所属するのかまで考えて、線画の下までキッチリ塗り込みます。
これはさっき書いた、線画に鉛筆ツール使ったことの影響です。

ペンツールだと基本、線の強弱は太さだけが頼りで濃淡=透明度は使用されません。
だけど鉛筆には透明度があるので、下塗りできちんとその線の下地までカバーしてあげないと線にムラが出来てキチャナくなっちゃうんです(>_<)

なのでパーツ下塗りはバケツツールであっちこっちをポチッとな!てだけでは済まなくて、
バケツの「領域拡張」プロパティを割と太目に設定して線からはみ出すくらいまで塗り潰してから、今度は線画部分は含まれない設定にして領域外選択して消去したり、
それでもなかなか完璧には仕上がらないので最後はセコセコ手作業で丁寧に削り落としたりしてます。

ココが一番退屈でメンドイ作業かな…。でもこのやり方、後で色塗りの時に出てくるメリットもありますのよ。
この輪郭処理も含めて、パーツ下塗りの丁寧さがその後の品質に大きく影響してくるのが、今僕がやってる塗り方の一つの特徴と言えるかも。


続けて、別フォルダを作ってそっちで陰影付けを行います。
(なおこの工程を後回しにして、下塗りに続いて【後半】で説明する方法で先に色指定しても構いません。各工程をフォルダ単位で分離してるので、どの工程を先にやっても最終的に合成された結果画像は同じになります)

「下塗り」フォルダと「線画」フォルダの間に、「陰影」フォルダを作ります。
背景レイヤーをグレーにして、さっき塗った下塗りフォルダは一旦非表示にして、陰影フォルダの中に全体の陰影を塗っていきます。

2016-06-03_12h00_21
この時、各パーツの固有色や境界は殆ど気にしません。
イメージ的には、石膏デッサンに近い感覚ですね。
全ての要素を無色の均質な素材と捉えて、陰影だけを描画します。
(3DCGに詳しい人でしたら「シェーディングやアンビエントだけを別レイヤーとして取り出す感じ」って言っても伝わりますかね)

なのでレイヤー数も少なめで、だいたい最初は同じレイヤーに顔も服も一緒くたに、全身の陰影を一気に塗っていきます。後々の使い勝手のためにパーツごとに切り分けるのは全体の陰影を描き終えてからです。
使う色も影色=黒とハイライト=白の2色だけ。

ただ便宜的に、全体の大きなマッスを表現するための大まかな陰影と、衣服の皺や髪の毛の落ち影などの細かい陰影は別レイヤーにすることが多いですね。
影付けというと皺などの細部に目が行きがちですが、個人的には重要なのは全体での大きい陰影の方だと思います。
2016-06-03_12h05_17こうして陰影だけ単独で眺めるとモワッとボケてる感じですが、この大きな濃淡が大事。
全身を見渡して、ドコが一番暗くドコが一番明るくなるのかを押さえるように気を付けてます。それがズレると絵に統一感が失われて嘘臭くなっちゃうので。

「下塗り」レイヤーを再度表示して、塗り上げた「陰影」レイヤーを上に被せるとこんな感じ。

2016-06-03_12h08_20これでモノクロ画像としての塗りはほぼ完成です。


なんか書き出したら予想外に長くなってきちゃった。モノクロ作業工程の説明だけで一旦終了。

肝心の色塗り工程は【後編】に続く~ッと。


Figuarts ボディくんボディちゃんが、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

『つまおち』のグラフィック作業がこれから本格化するにつけ、
現在頭を悩ませてるのが、いかに制作時間を短縮効率化するか、という事で。

先日も書きましたとおり、スクリプト組み込みに当たって「まずは何の遠慮も工夫もせず、バンバン組み込み画像切っていこう」てやってったら、シーン枚数が100枚を突破!
これから整理して減らすにせよ、グラフィック作成自体のスピードアップの方も、絶対に必要な要件でごじゃります。

んで、色々とアイデア考えたりはしてたのですが、そのうちの一つとして、ポーズを短時間で固めるために、精度の良いデッサン人形が欲しいな~、と。

資料がなくても、試行錯誤しながら形を探り出していけばある程度のポージングは作れないではないんですが、
それでも元ポーズが画像としてあれば、その手探り段階をすっ飛ばせるのでかなりの時短になるし、まだまだ僕の画力では脳内から引き出せるポーズにはいまいちリアリティが乗っからないんですよね。

当初はfigmaの素体にしようかなと思ってたんですけど、
ネット漁ってたら、まるでアタシのグラフィック作業開始を待ち構えてたようにバンダイS.H.Figuartsからデッサン用特化とおぼしき素体人形が発売されるとな!

で、上記のサイトに行ってみると、コリャ正しく僕がさっき書いたような使い方を想定して作られたフィギュアじゃないですくぁ!
そうですよね~。今はスマホもあるし、フィギュアをパシャッとやって下絵にしちゃおう!ってのは誰でも考える手法ですもんね。

人によっては絵師さんによっては、
こうした道具を使ってのお絵描きには抵抗感じられる方もおられるカモ~、とは思いますが、

僕は今更プロ絵師になりたいワケでなく、
ただやりたい事はひたすらプレイヤーさんにとって実用性の高い絵をドシドシ高速に大量に量産できるようになりたい!という一点ですので、
そのためにやれる手立ては、殺しと火付けとトレパク以外だったら何でもやったるぜ~!というスタンスですハイ(゚∀゚ )


figmaとFiguartsを比べると、Figuartsの方がプロポーションがリアルに近く、フォルムのデフォルメが少ないので、デッサン用ならこっちの方がよさげ。
関節の可動域も若干ですがFiguartsの方がありそうにも見え、また関節数も首や肩、足首などfigmaより多いようです。
ただお値段がfigmaの倍近く(DXセットの方なら倍以上!)するんですけど、ほぼ勢い任せにその場で男女ペアでポチッとやっちゃいました。

シカシテその完成度は、期待以上に高かった!デス!
2016-04-23-17.41 2016-04-23-15.57

基本は背中に挿したバーで立たせる仕様ですが、きちんと重量バランス考えたポーズを付けてやれば、普通の立ち姿勢程度ならちゃんと自立します。それだけ作りが精巧なんだなという印象。
2016-04-26-13.22

関節の可動域も相当広く、かなり自由度の高いポーズが作れます。
2016-04-23-16.07 2016-04-24-12.13

で当然、こういうコトもしてみます。
2016-04-23-17.07 2016-04-23-17.24
2016-04-23-17.14そりゃやりますよね。やらいでか。だってこのために買ったんだも~ん!

ただこうして絡ませてみると、プラスチックの限界もニョジツとなります。
上の写真だと後背位のヤツの♀お尻と♂股間の隙間とか見て貰えばお分かりのとおり、肌と肌の密着感は出せません。格闘技も打撃系はOKでも寝技グラップリングはさすがにムリポ。
まぁ仕方ないですけどね~。
取り込んだ写真を下絵にして線画描いていく段階で、それぞれの人物ごとに別レイヤーにして、下絵写真をズラしながら肉の密着感を出すべくネチョネチョと修正加えていくなどの一手間は必要。


他にも、ちょっとだけ残念に感じた点を列挙しときます。

まず何より、小っちゃい!

ディスプレイ用のフィギュアならそういうモンだと割り切りもしますが、デッサン用となるとポーズの細かいニュアンスなどを出すためには、倍寸とは言わないけどせめて20cm台の身長は欲しかった。

関節を動かすとね、どうしても若干の軋みや戻りが出るんですけど、
全寸が小さいので、その戻りだけでポーズの微妙なニュアンスに歪みや狂いが出ちゃうんですよ。

それと、これだけ小さいと、特にほっそりした女性素体の方は関節部位が凄く華奢に感じるので、
ポージングしていて壊してしまわないかと不安になります。

また耐久性という点でも不安が。
どのみち、何度も使ってたらだんだんと関節緩んでバカになってくる可能性はありますね~。
ある程度消耗材と考えて、ダメになってきたら買い直す腹積もりはしといた方が良いかも。いきなり最初のロットからプレミア価格になってきてますが(´Д`)、そうした買い直し時に入手困難になってないよう、願わくば出来る限り長らく販売し続けて頂きたいですね。

 

それとですね、「不自然なポーズにならないよう可動域を制限」ってのが、
人それぞれでしょうけど、僕的には不要だなと。
どのみちプラスチックパーツのぶつかり合いによる可動域の限界があって、わざわざ制限しなくてもリアルな人体ほどのポージング自由度は出ない訳ですし、

あとね、関節可動域には自律的な限界と、他動的・強制的な限界の違いがあると思うんですね。

たとえば自分で腕を背中に回そうと思っても、自分で動かせる範囲には限界ありますが、無理矢理腕を捻じ曲げられる際には、その範囲を越えて腕はあらぬ方向を向きます。
そこから更に捻じ曲げれば、今度こそ脱臼や骨折などの物理的破壊を招いてしまう訳ですが、その「壊れる手前の臨界可動域」みたいのまで考慮されてる素体って、3DCGモデルでも僕はまだお目にかかったことがなくて、DAZのような精巧なCG素体であっても、最初は可動限界をオンにしてラフにポーズ付けしても、最終的にはリミッターをオフって微調整加えなきゃ、なかなか生命感のあるポーズにはならないんですよね。

 

それと、これはちっちゃな事だけど、女性モデルの方はもう一回りチッコイ頭部と差し替えられるとイイな~、と。
主にアニキャラ・萌えキャラへの活用を見越しての等身みたいですけど、僕的にはもうチョイ頭小っちゃいスーパーモデル的なニョタイが好みなので。
まぁこの程度は、実際に描く時に補正出来るので、それほどクリティカルな問題ではありませんけどね。


…とまぁ、欲を言えばキリがありませんが、上記はあくまで贅沢な要望であって、
お描きの武器ツールとしては、デッサン人形に始まりPoserやらDAZやらのCG素体、更にはQUMARIONなどと渡り歩いてきた僕にとっては、今までで最強のアタリ!だと感じてます。

さぁコレ使って、バリバリとエッチなシーンを描くぞ~~~!!!


ポーマニ

先の年始ご挨拶でリンクしたポーマニですが、

有名なのは「30秒ドローイング」ですね。
ランダムポーズが10~90秒間隔で表示されるのを、どんどんクロッキーしてくことで、絵を描くのに必要な右脳を徹底トレーニングする、ていうコンセプト。

でも僕が使ってるのは、PCサイトでなくてスマホ用アプリ(の無料版)の方です。
こちらはシンプルな作りで、ページをめくるたびに新しいポーズがランダムに出てきます。視点や性別もゴチャ混ぜですが、PC版にある子供やマッチョは無いみたいです。

またこのスマホ版には時間制限もありません。
で、僕は数分程度、割とゆっくり時間を掛けてそれぞれのポーズをクロッキーしてってます。
201512272016-01-03 09.53
これは、元々のポーマニと、僕がやってるクロッキーでは目的が若干違うからです。

僕は「形を写し取る」右脳トレよりも、むしろその形を(右脳か左脳か分かりませんが)なるだけたくさん記憶にストックして、最終的には脳内からイメージを引っ張り出すことで「見ずに描ける」ようになることを目標にしてます。
そのためには数十秒で脳をオーバーフローさせてガンガン叩いてくようなやり方より、じっくり形を脳に沁み込ませるようなやり方の方が向いてるかな、と思って。

ただそれにしても、現状はちょっと時間かけ過ぎ。
概ね1ポーズ3分以内を目標にしてるんですが、現時点だと6~7分かかってしまうこともあります。コレはちょっと度が過ぎてる。
でも根本的にやり方を改めないと、このまま続けても半分まで時短になることは無い気もしますね。。。

あとポーマニの3Dモデルは、今となっては古いDAZのVictoria2あたりじゃなかったかと記憶してます。
そのため複雑なポーズだと形態や輪郭に実際の人体とは違う不自然さが感じられたりするところもあり、そのへんは誤った記憶インプットにならないように適当に補正して描いたりもしてますね。そのあたりも時間が掛かってしまう一因かと。


それから、やってる間に少しずつ不満も出てきまして、コレも本来の用途と僕の目的が違ってるからなんですが、筋肉テクスチャがジャマなんですよね。
それよりも、陰影をしっかり取り出したい。

「このポーズでこの方向から光が当たってる時は、この部分にはこういう陰が出て、ココに影が落ちる」

ていうような情報が欲しい。

そうなってくると、最早ポーマニじゃなくて、自分でDAZ Studioを使って、Cartoon Shadedで表示したヤツを使ったクロッキーの方が良いかなぁ、と感じたりもしますが、
2016-01-04_10h49_03実際DAZ開いて、ポーズ選んで、ライトとカメラアングル調整して、、、てやってみると結構手間が掛かります。
改めて、こちらの都合なんかお構いなしに次から次へとランダムに色んなポーズが出てくるポーマニのありがたさを感じました。


なお描いたクロッキーは、その日の分をまとめてTwitterのアカウントにアップしてます。

Pixivに載っけるほどのものでもないし、Twitterにしたってフォロワーさんには単なるお目汚しでしかないとは自覚してるんですが、
描いて→晒して、までがトレーニングだと思ってるので、そこはご容赦下さいm(_ _;)m、ってコトで、失礼させてもらってます。