SPOTLIGHTSの選定基準

昨年8月に始めました、日々のNTR作品紹介ページSPOTLIGHTS、どうにかこうにか年明け後も継続しております。各販売サイトも、DLsiteさん以外は元旦も変わりなく通常運転なんですね~。お陰様でコチラも更新サボってるヒマありませんw
毎日更新の甲斐あって当サイトPVの主軸に育ってきてるようです。ありがとうございます。

元々自分がポータルサイトを回って内容チェックしていた毎日のルーチン作業を、せっかくだからデータベース的に貯めといて再利用できないかな、という思惑で始めたので、
ページ末尾にも書いてあるとおり、選定基準はあくまで僕の個人的な嗜好なんですが、、、

各作品の販売サイトへのジャンプ結果を確認してみると、当然のことではありますが僕個人の趣味とは別に、実に色んな作品がクリックされてます。
そうするとそれに応えようとコチラも段々力が入ってきまして、開始当初は含めなかった系列・傾向の作品も、徐々に登録に含めるように選択の幅が拡大してきました。

ただそれでもやっぱり、最後の選択基準は陰陽の私的な判断です。
まぁ逆にこのイニシャチブが無くなっちゃうと、各販売サイトでキーワード検索かけるのと違いが無くなっちゃうので。

ぶっちゃけ僕にも気分の波(賢者期間?w)がありますので、その日その日で若干選定にもバラツキがあるのは自覚してるんですが、
それでも開始から4か月余り過ぎて徐々に方針が固まってきた感もあるので、ここいらでまとめてお示ししておこうかなと思います。


  • まず、SPOTLIGHTSのページ末にも書いてあるとおり、1販売サイト1リンク。同一販売サイト内で複数のバリエーション登録がある場合は、オンライン版を優先します。
    (これはSPOTLIGHTSのページデザイン考えた時の不備が原因ってトコもまぁ、あるのですが…)
  • 上記にも通じますがSPOTLIGHTS全体通して、オンライン&デジタル版重視です。
    SPOTLIGHTSの主眼はDLsiteとDMMの二大オンラインサービスへの同人リンクを充実させる事に置いてます。
    そのためとらのあなやMelonbooks(のオフライン通販ページ)のチェックは、やや緩くなる傾向があります。
    (商業マンガの書籍単行本に手が回ってないのは何とかしたいと思ってるのですが…)
  • なお、DLsiteとDMMには一応アフィを入れてありますが、「どうせなら」って気持ちで、それで稼いじゃろうといった思惑はありません。
    (現状両方合わせても月3000円届けば御の字って感じで、更新には何だかんだで毎日平均小一時間かかりますので、時給換算すると7~80円くらいですかね~)
  • Getchu.comDigiket.comGyutto.comなど他の販売サイトも網羅できれば良いのですが、陰陽のリソース的にこれ以上の拡大は無理ぽ。

続いて、作品選出の目安です。

  • 基本、「♂が」「♀を」寝取る/寝取られる作品がターゲットです。
    なのでこの性別ベクトルが逆向きの作品は選出しないケースがあります。
  • また陰陽氏完全なるノンケにつき、男の娘、フタナリ、TSF、ホモ、百合系はスルー確率高まるのはご容赦ください。
  • 理想は物語内容を最重要視しての選出なのですが、各作品の紹介ページからだけでは推察が難しいこともあり、結果的にグラフィック重視の傾向があります。
    (視覚要素の乏しいノベル作品、音声作品も最近はなるだけカバーするようにしてますが…)
    「ヘタウマ基準で考えてもこの絵はちょっと実用的にキツいかな…」と感じられる作品は選出しない場合があります。
  • 陰陽倶楽部では常々、NTRの背徳性・喪失感を大切にしたいと考えております。
    そのため販売サイト側でNTRタグが付いていても、サンプル&紹介文でそうした素養があまり感じられないと判断した作品はスルーする場合があります。
  • 選出は基本的に販売サイト紹介ページの情報のみに基いて判断しており、選出した作品を陰陽が全てプレイしている訳ではありません。
    (ていうか殆どプレイまで手が回りません。自作品作るのに必死!)

…ざっとこんな感じかな。
今後はもうちょっと検索性・データベース性を高めて、情報価値を高めていければと思ってます。
(まぁ、あくまで制作作業の合間に追い追いに、ですが…)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>