陰陽 のすべての投稿

『彼女が援交(それ)を始めた事情』~8~(1) をCi-enに掲載しました

(画像クリックでCi-enページに飛びます)

連載形式で書いてみて、意外と難しいのが1話あたりの文章量です。ちょうど1回の掲載に最適な長さになるとは限らず、さりとてブツ切りにするにも手頃な量や場所が見当たらず、さてどうしたもんか……と、この章も少し迷いました。

ここまでの連載、1日分の掲載量ってちょっと多過ぎますかね?
今の感じだとこのお話、薄い文庫本1冊分くらいにはなりそうで、そうすると1回掲載あたりのテキストは短めに切っていかないと、ずっと読んでいくのは面倒臭くなってく方もおられるかなぁ……と。


今回はまた例の子がしゃしゃってきます。
全然そんな気なしに書き始めたのに、すっかりサブヒロインのようなデカい顔しちゃってますね。正直このコ作者としては付き合うのが楽しくて書いてるとノリノリになってしまうんですが、アカンこれ以上言いたい放題言わせるとエロとして成立しなくなる的な過激思想もチラチラさせるんで、一旦書き上げた後からいやオネェサンそこは抑えて抑えて……とリテイクするのに結構な手間を取られます(^^;


この小説は、公開中のマンガ『援交少女』の半年ほど前の前日譚となっております。

もしそちら未読で、本作読んでご興味持たれましたら、チェックしてみてください。
『援交少女』ティザーサイト
 DLsite
 FANZA


『彼女が援交(それ)を始めた事情』~7~(2) をCi-enに掲載しました

(画像クリックでCi-enページに飛びます)

前回「NTR文学」などとご大層に書いておいていきなり掌返すみたいですが、この前日譚は単独では「堕ちモノ」で、ラストまで読んでも「寝取られ」の要件は満たしてないと思われる方が多いかもしれません。

『援交少女』にも「結局単にヤッてるだけじゃんか」というご批判を頂いてますが、僕の中では当初からこの前日譚ともう1作のお話、3つ合わせて序破急一つの物語に出来れば……というふうに構想してまして、そのあたりも少し鷹揚に眺めていただければと……m(_)m


この小説は、公開中のマンガ『援交少女』の半年ほど前の前日譚となっております。


もしそちら未読で、本作読んでご興味持たれましたら、チェックしてみてください。
『援交少女』ティザーサイト
 DLsite
 FANZA


『彼女が援交(それ)を始めた事情』~7~(1) をCi-enに掲載しました

(画像クリックでCi-enページに飛びます)

ここまで溜めてきた伏線のひとつが、今回明らかになります。
蓋を開けてみればなぁ~んだ、って内容ではありますが、でもこの伏線、果たしてこのまんまで済むのかな……フッフッフ……

……と一生懸命引っ張ってますが、この小説は雅美が処女を捨てて援交に走るまでのお話ですので、前半はどうしてもエロ場面の少ない地味な展開が続いてしまいます。
後に行くに連れて徐々にヒートアップしていきますので、NTR文学w特有の、焦らしに焦らして……がお好きな方は、なにとぞ今しばらくガマンの上お付き合いくださいm(_)m


あと今回からテコ入れ宣伝の為にw『援交少女』の方のカットをちょっとずつ入れておこうと思います。


本当はこの小説用に新しい挿絵を描ければベストなんですが、作画作業の方も現在『つまおち』のシーングラフィック作成でスケジュールパンパンでして。既にマンガご覧になっている方には新味のない絵ばかりでスミマセンが。


この小説は、公開中のマンガ『援交少女』の半年ほど前の前日譚となっております。
もしそちら未読で、本作読んでご興味持たれましたら、チェックしてみてください。
『援交少女』ティザーサイト
 DLsite
 FANZA


『彼女が援交(それ)を始めた事情』~6~(1)(2) をCi-enに掲載しました

(画像クリックでCi-enページに飛びます)

ブログの方の告知を忘れていましたが、6章を2日に分けて掲載しました。

今回は、主役(?)とヒロインの掛け合いのシーンです。
この二人の場面を書く時は、もう完全に甘酸っぱい青春恋愛小説のつもりで書いてます。書いてて自分で全身がムズムズ痒くなってくるのを耐えながら。

こういう純情可憐なところがあってこそ、裏の淫靡なドスケベが際立つのです。
光が明るく輝かないと、影も濃く暗くならないのだ”( `ω´)≡3 フンス

また後半で、もひとり登場人物が加わりました。
まぁこの後お話に絡んでくるかどうか分かりませんが、マンガ『援交少女』の方との繋ぎになってる人物です。あの場面のあのセリフにはこういう伏線があったんだなぁ、みたいなのを感じて頂ければ。

こんな具合にマンガの方に描き入れてない裏事情みたいなのも何だかんだと頭の中には溜め込んでるんですが、そういうのは単行本並みの長編でもない限りマンガでは描き切れないんですよね。
読む側と違って作る側に回った時の自分が、マンガやCG集よりゲームや小説みたいなテキストベースの方が向いてるなぁ……と感じる由縁です。(売れ行き的には絶対不利だろうなと思うんですが……(^^;)


この小説は、公開中のマンガ『援交少女』の半年ほど前の前日譚となっております。
もしそちら未読で、本作読んでご興味持たれましたら、チェックしてみてください。
『援交少女』ティザーサイト
 DLsite
 FANZA


『彼女が援交(それ)を始めた事情』~5~ をCi-enに掲載しました

(画像クリックでCi-enページに飛びます)

Hシーンも少ない地味な連載を読んでくださっている方々がおられることに、とても感謝しておりますm(_)m

作中以外でのキャラ語りはあんまりしない方がイイかなとは思うのですが、
前回の雅美ちゃんの境遇が結構悲惨で、少し引いちゃった方もおられたような気配なので、ちょっとだけ……(^^;

確かに不遇なコではあるんですけど、このコにはこのコなりに自我もエゴもあるし、単にカワイソウなだけの(他の登場人物や作者・読者の)贄、として書いてるつもりでもないのです。

敢えて挑発的な言い方しますと、そうしたシンプルなヤラれキャラに押し込めてしまった方がオカズとしては実用的なのだろうと分かっちゃいるんですが……
同人始めてここ数年で僕はヒネすぎてしまったようで、そういうインスタントなエロスでは自分自身がもう食い足りなくなってしまってるというか……

『援交少女』の続編マンガや、サブキャラとして登場するCG集(予定)『つつじ色の記憶』まで、手間暇かけて”陰陽”な起伏のある生きた人物として雅美を描き切れたらイイなぁ……と。


この小説は、公開中のマンガ『援交少女』の半年ほど前の前日譚となっております。
もしそちら未読で、本作読んでご興味持たれましたら、チェックしてみてください。
『援交少女』ティザーサイト
 DLsite
 FANZA


『彼女が援交(それ)を始めた事情』~4~ をCi-enに掲載しました

(画像クリックでCi-enページに飛びます)

だいたいこのあたりまでが物語の第1章……といったところです。
といっても、最終的に何章構成になるか、自分でもまだ全然先行き見えてないんですけど。

なお、この小説は、公開中のマンガ『援交少女』のだいたい半年ほど前の前日譚となっています。
もしそちら未読で、本作読んでご興味持たれましたら、チェックしてみてください。
『援交少女』ティザーサイト
 DLsite
 FANZA


『彼女が援交(それ)を始めた事情』~2~(1)をCi-enに掲載しました


連載第2回です。
小説とはいえ、やっぱり表紙1枚くらいグラフィック無いとアピール弱いよなぁ……ということで、『援交少女』タイトル画の流用なんですが、取り急ぎ作ってみました。

記事のタイトルも最初はシンプルに連載回数を「第1回、2回……」と入れてくつもりだったんですが、今日アップしてる章が当初考えてたよりもかなり長くなって一度に全部掲載できないので、ちょっと表記を変えました。

さて、今回は新しいキーパーソンが登場します。

この人、当初はチョイ役くらいの予定だったんですが、書き出したらメチャメチャ自己主張の強いキャラで、どんどん僕の中にあったストーリーに占める面積がデカくなってしまいました。
まぁこういう筆が走るキャラってのは決して悪くはないんですが、しかしコヤツ……うかうかしてると主役を食いかねない……あんまり暴れないようにしっかり檻に繋いどかないと……(^^;;


『彼女が援交(それ)を始めた事情』第1回をCi-enに掲載しました

『援交少女』前日譚『彼女が援交(それ)を始めた事情』
連載第1回をCi-enに掲載しました!

前回のプロローグに続いて、いよいよ本編スタートです。
ウチのスタイルはジックリジワジワ、トロ火で煮込むように追い詰めていきます(^^)
即堕ち即ハメ玄関明けたら2分でアハン的なのがお好みな方にはウザッタリィと足蹴にされるかもしれませんが、
反対にそういうネチネチしたヤラシイのがお好きな同好の皆様におかれましては、無料フォローで読めますので、どうぞ段々と崖っぷちに追い詰められていく雅美チャンを応援してやってください(^^)