『ごめんね、今日のデート行けなくなっちゃった。(元AV男優教師のキモ山先生改良版)』by エッチな体験談告白投稿男塾

(リリースから1ヶ月ほど経ってますので新作レビューとは言えないかもですが、もうあんまりそういうのは拘らずに良いと思った作品の感想は新旧問わず載っけてくようにしようかな…。)

本作はタイトルどおり、エッチな体験談告白投稿男塾さん(すみません、お名前長いので以下「男塾さん」と短縮表記させて頂きます(^^;)が前回リリースされていた『元AV男優教師のキモ山先生』の改良版です。

旧版ではカワイコ、ギャル、優等生と3人いた攻略対象を1人に絞り、ストーリーの方は旧版のオムニバス的な3話をその一人のヒロインの時間経過という形で繋げて1話に構成し直してます。
さらに前回64ページから今回118ページと内容倍増!(販売ページでは236ページと記載されてますが、なぜか2ページ合わせて横長1枚絵を構成する不思議な仕組みになってるので、実際はその半分)

素直な好みを言うと僕は旧版3人の中ではこのコ3番目だったのですが、キャラ立ちしてるって点でこういうまとめ方に一番向いてるのはこのコだったんでしょうか。

しかしアレですね。元々全然違うタイプを1人にまとめて、ストーリーはほぼそのまんま流用しちゃうあたりに、作者さんの、作中の寝取り男に負けず劣らずの鬼畜魂を感じてしまいますw
女のタイプなんざセックスのためのトッピングの差くらいのモンで食っちゃえばドレもおんなじ…みたいなww
いやこの主役のキモ山先生、女性をそのくらいのモノにしか思ってないwww

この変なキノコ頭の髪型から、絶対教師の顔じゃないスジ者の目付きまで、ほんとイイ味出してますキモ山先生。
男塾さんの寝取り男はこの方向性でずっと一貫していて、ルックスはキモいんだけど肉体的にはマッチョで巨根で女のあしらいが上手くて、そして全員徹底して女は自分の性欲の捌け口のオモチャとしか思ってない。
かといって行為中に相手をいたぶったり苦しめたりする訳じゃない。場数を踏んでいて女を知り尽くしていて、どこをどうすれば感じるか、おかしくさせられるか、熟知してる。
自分の好き放題にイジクり倒せば向こうで自動的に性欲に火が着いてメロメロになってデカチンファックに惚れこんでしまうという、まぁある意味「男の理想」を体現したファンタジックなピカレスクヒーローですな。
食った栄養が全部チンポにしか行ってないみたいなノーミソ空っぽのヒトデナシの鬼畜野郎ばっか!←ホメテマス!\(^o^)/


ただ今回のキモ山先生は、今までの男塾さんの寝取り男に比べると、随分人間に近付きましたね(どういう誉め方だw)

今までの男塾寝取り男は、ぶっちゃけ男の顔は全部コピペでもイイんじゃないのってくらい表情変化がなくて爬虫類的というか、あるいは逆にセックスのためのロボットみたいな、感情が全く表に出てこないキショクワルサに満ち満ちてました。
それに比べるとキモ山先生は笑ったり怒ったりと表情豊かで、今までの男達に比べるとずっと好感が持てます(持つなよw)

ひとつには今までの男塾作品にはなかった構成、寝取り男が主役になってその視点で物語が語られてるせいでしょうね。
これまでのブラックボックス状態だった男塾寝取り男と違って、下山先生が攻略対象の琴美をどう見ていて、今何考えてそういうコトしてるかの、いわば「種明かし」がされてるので、割と安心感持って読んでいられる。

しかしこれにはプラマイ両面あって寝取り男が親しみやすくなった分、今までの男塾作品にあった、もう殆ど妖怪みたいな訳分からん化けチン男に天災のように巻き込まれてカワイコもギャルも生意気女もみんな身も世もなく悶え狂う、っていうカルト的なブットビ感は薄らいでるかも。
作品全体のノリが、今までの男塾作品に比べるとカラッと明るくて陽気な印象受けるんですよね。そこを読者としてどう見るか。でも一般的な読者受けはコッチの方がやっぱイイのかな。。。


それと、とにかくメチャメチャ絵が上手くなってきてらっしゃいます!

男塾さんは作品のお値段がいつもとてもリーズナブルなおかげで(ぶっちゃけ作り手側の立場から言うと安過ぎですw)旧作もフルコンプしてるのですが、デビュー時から比べるともう隔世の感が。

元々絵心はあった方なんでしょうね~。各作品ごとにキャラデザやタッチの変遷を繰り返し、試行錯誤しながらどんどん上手くなっておられますね~。

ヤッてる最中の琴美ちゃんの身悶えするポーズや表情は、それだけで絵抜き出来るレベルを完全にクリア! 壁紙にしてデスクトップにしたいくらいイイ感じです。

ここまで巧みになられると、むしろこの先は洗練され過ぎの不安が出てくるくらいかもしれません。
エロい絵、抜ける絵って、スタイリッシュになり過ぎるとちょっと弱くなってくる面もありますので。
その点この作品のタッチは清潔になり過ぎてない適度なヨゴレ感がいかにも劣情を誘ってくれてるように思います。


何か今回のブログ、読み返してみたら具体的な作品内容については殆ど触れてませんねw
まぁそれは販売ページに書かれてる<あらすじ><展開>で語り尽くされてるからイイか~(´∀`)
お話云々で魅力が語れるような作品ではないですしね。
キモ山先生のキチクテクであれよあれよと堕ちてく優等生琴美の独白に、鼻の下伸ばして自家発電に勤めればそれでヨイノダ(´∀`)

この先、男塾さんはどの方向に向かわれるんでしょうね。
本作のような陽気なテイストの作品も好きですし、今までのようなホラーなブキミチンポ妖怪男もまた見てみたいし。読者としては贅沢な期待が。


同一作者作品の過去感想↓
DQNのマジカルチンポで脅しファックで即堕ちとかないわ~(´∀`)…と思ったら、読み終わったら涸れてたでござる(;´Д`)ハァハァ>『巨根のチャラ男に流されて快楽堕ちした彼女』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。