シーン画像追加公開と、独自機能のご紹介

前回のブログ記事から、もう1週間経っちゃった!
本編のCG制作、体験版の準備、Twitterや当ブログでの広報と、毎日が実に目まぐるしく、師走が完全に1カ月前倒しで襲来してる感じです。

先ほど、ひとつ前の投稿へのコメントでもお問い合わせ頂いたのですが、
Twitterで定期ツイートしているイベント画像の目隠し無しバージョンは、現在はこのブログ内の記事に埋まっている状態で、
肝心のHPトップの作品紹介ページにギャラリーがご用意できておりません。

本来1作として出す予定にしてた作品を2部に分けてしまったため、トップも大幅な作り直しが必要になってしまったのですが、
とてもそこまでリソースが割けなくて、ずっと放置した状態になってしまっています。
なるべく早いところHPトップの方も整備し直しますので、もう少々お待ちください。


さて、それでは本日もまた1枚、Hシーンの画像を公開。
体験版にも収録されている、明日花と主人公智樹の初めてのHの場面です。
(この二人、後々は結婚して将一と毬をもうける訳ですから肉体関係が生じるのは当たり前なのですが、う~ん、何だかあんまりイイ感じに「結ばれました♥」って具合じゃなさそうですね……)
2017-11-10_20h59_57

……と申しましても本日のコレは、以前既に公開したグラフィックを描き直したものです。

ずっと描いてると「ちょっとずつ上手くなってるカナ~」という手応えと共に、以前描いたモノはとてもヘタクソに見えてきて「あ~も~全部描き直したい!」みたいな感じにもなっちゃいます。
だけどそれやってたらいつまで経っても完成出来ない! なのでほとんどの場面はグッと我慢してそのままにしてるのですが、中には耐えられずにこんな具合に描き直したシーンもありまして。
今回はちょっとお茶を濁す的な公開画像で申し訳ありませんが、前のと比較して「少しは進歩しておるな」と本編への期待に繋げて頂ければ幸いでございます。


さて、今日はこの画像をサンプルに、ちょっとウチ独自のグラフィック機能もご紹介させてください。
(既にこのブログではお話ししたことがあるのですが)

題して、
「(J)邪魔な(O)男は(K)消して(S)しまえ機能」=JOKS(ジョークス)機能
と言います。(今思い付きましたw)
2017-11-10_21h02_09

僕は男女がくんずほぐれつ絡み合ってる密着感のある状況にエロさを強く感じるのですが、
しかしそういう体位になってしまうと美しきニョタイがムサい男の体で隠されてしまう、というジレンマがあります。

何とかこれを解決できないか、と考えていて、このJOKS機能を思い付きました。
作画時に男性を完全に別レイヤーで描いて、それぞれの画像をバラしてゲーム内に読み込んで、ゲームプログラム上で重ね合わせて表示しています。

男性レイヤーは、環境設定に設けたこのスライダを使って表示状態を以下のように調整できるようになっています。
2017-11-10_20h59_572017-11-10_21h00_352017-11-10_21h00_542017-11-10_21h01_152017-11-10_21h01_32そしてこの表示濃度は、一々環境設定画面を開くことなく、ゲームプレイ中にキーボードの1~0キーを叩くことで十段階に変更出来ます。

全部のHシーンがJOKS対応している訳ではないんですが、絡みの密着度が高いシーンはだいたいコレを使って、明日花の単独フルヌードがご覧頂けるように作っています。

実際自分でテストプレイして試してみたんですが、このキーをポチポチしてヤローの表示を薄めたり消したりするのが予想していたより楽しくて、エロいグラフィックが切り替わるたびにポチポチして遊んでいますw

早く皆さんにも、この楽しさを味わって頂きたい!ポチポチ!


最後になりますが、この記事書く直前にNTR界の偉大な先輩人生通行止めさんのブログを拝見してたら、本日の記事にてまたまた当サークルとサイトURLをご紹介頂いておりました。
おかげさまでその直後から一気にサイトのPVが跳ね上がっておりますヽ(´▽`)ノ

先日は僕が誤って理解していたテキストの基本的なお作法についてもご指摘いただきまして、おかげで恥を掻かずに済みました。ホントいつもお世話になっております。ありがとうございますm(_ _)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>