輪姦……お嫌いですか?

前回のブログに書いた「作画作業の山場」というのは、一杯オッサンの裸を描かなきゃならない「マワされ」シーンでして、
ここ10日余りこのようなエロ絵を何枚も描いておった次第ですが、、、

scene-輪姦-フェラ09↑Twitterカモフラージュ用(^^;scene-輪姦-フェラ09b以前にブログにアップしていた線画の塗り完成バージョンです

ちょうどそのタイミングでntrblogさんにアンチ輪姦なコメントが沢山書き込まれていて、ちょっと「う~ん………」て悩んだりしておりました。

ntrblogさんでは以前から輪姦シチュのある作品が紹介されるたびにかなりな数の否定派コメントが書き込まれるのは分かってたんですが、改めて、輪姦地雷なNTRスキーって多いんだな…って。

実は陰陽倶楽部でも以前「NTRにとって輪姦はアリやナシや?」というお題で二項対立アンケートを実施しております。
なかなか面白い結果が出てますので、ご興味おありの方はそちらもご覧ください。


輪姦とNTRが相容れない、とお感じになる方の気持ち、僕も分からなくはないんですよね。

察するに、自分の好きな相手が他人に奪われその人の心が自分から離れていってしまう、そういう酸っぱさ切なさをNTRに求める人にとって多分輪姦は「大味」過ぎるんじゃないかと。
「○○クン、ゴメンね」と涙ぐみながらも、突き込まれる寝取り男のチンコに耐えられず思わず脚を絡めてしまう………そんなアンビバレントな女の情念に勃起する人にとっては、次から次へオラオラと寄って集ってハメ倒される描写ってのは、例えて言うと繊細な味付けの日本料理に「やっぱ味付け濃い~方が美味いッショ?」って醤油とケチャップとマヨネーズとタバスコをドバドバぶっかけられるような乱暴狼藉に感じちゃうんじゃないでしょうか。
更にそれに女の子の方でも反応して痴女堕ち悪堕ちになってくると、最早ビッチ化した女なんぞにゃ愛情を抱くことが出来なくなって、性欲の対象じゃなく嫌悪や軽蔑の対象に悪い意味で「堕ちて」しまう………

だけどその一方で、正にその清楚→ビッチへの転落にこそチンコが反応する悪堕ちスキーなNTR者というのもまた居られて、この両者が向かい合うとさしずめきのこたけのこ戦争のような宗教闘争に発展してしまう………のではないかと。
そちらのギャップ萌えの感覚というのも僕の中には併存してるので、輪姦嫌いの方のお口にも合う料理に何とか仕立てたく、『オレかの』では一度はお蔵入りにした輪姦シーンをシナリオ改稿の途中で復活させた次第です。
マワされ堕ちてオシマイ、ではなく、そこから更に一層明日花のエロさを引きずり出していくにはどうすればいいか? 大味になってしまいがちな輪姦シチュを、「ふむ………この素材この味付けなら食えなくもないな」とたしなんで頂くにはどう作ったらいいか? 悩みながら制作しましたが何せNTRは注文の多い料理店、多彩なお客様方のお気に召して頂けるかどうか。。。


ちなみに陰陽にとってNTR輪姦描写のお手本は、やっぱり山文京伝先生!
『緋色の刻』や同人のシリーズでもしばしばヤクザ等にマワされ仕込まれる展開がありますが、それでお話がダレたりヒロインの魅力が削がれたと感じた事は僕は一度もないです。
むしろ寄って集って犯されれば犯されるほど理性と情欲の狭間で揉みくちゃにされる女の情念が匂い立ってくる。あの抒情性、さすが山文先生といつも頭を垂れつつチンコを勃ててます。
緋色の刻 完全版


さてさて、『オレかの』の作画の方ですが、山場の輪姦シーンは無事描き終り、現在は次の山場シーンに向けて英気を養っております!
これでグラフィック制作は全体の2/3を越えました。ちょっとずつ作画の方法も固まってきて、多少スピードも上がってきてるような気がします。

まぁそれでも当初計画していた7月完成→8月リリースには間に合いそうにありませんが………(苦
結局夏コミより前に出したいって目標は果たせず。ご期待してお待ち頂いている方(もし居られましたら(^^;)、本当に申し訳ございません(>_<)

残る1/3を8月中に描き上げ、9月中のリリースを新たなスケジュール目標にしております。
日々頑張って描いておりますので、もうちょっと、もうちょっとだけ、見棄てずにお待ち頂けますよう、どうぞよろしくお願い致します!m(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)m

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>