「イベントシーンに男の姿はどの程度必要か」アンケートの結果まとめ~

先日の投稿で募集したコチラのTwitter投票、、、


、、、結果が出ましたので、別記事として纏めておきますです。

ご覧のように「ガッツリ」派が過半数の56%=28人。
(投票総数がちょうど50票だったので人数計算もしやすいですね)
次点で「顔は要らん」派が26%=13人。
「男なんかシルエットで充分」のスパッと割り切り派10%=5名、
「なるだけ枠外に出とけ」のモブ派8%=4名。

今回もご投票いただきました皆様、RTでの拡散にご協力いただきました7名の方々、まことにありがとうございました~m(_ _)m


割と毎回おもしろいな、と思うのは、投票数の推移を眺めてると初動12時間くらいとその後で傾向が変わってくることで、
Twitter投票の機能拡張に伴って締切時間を1日→3日にしたことで、その傾向はさらに顕著になってきた感があります。

これは、僕のTwitterをフォローしチェックしてくださっている一次フォロワーさんの多くが、NTRや同人エロゲに対してかなり積極的なアーリーアダプター傾向があるのに対して、
その投票拡散のご協力のおかげで順次集まってくる方々の趣味嗜好がより広範囲に分布してるせいじゃないかな、とずっと自己分析してるんですが、

今回もかなりその傾向が顕著に出てましてね。

初動半日くらいの間に約30票が集まり、
その後2.5日をかけて残りの20票が集まっていったんですが、
その最初の半日間では、4択最初の「ガッツリ」支持が8割超えてたんですよね。つまり軽く20人以上。
「ガッツリ」全投票者が28人ですから、その大半が初期段階の投票に集中していたことになります。

そして残り2日半の約半数が、次点の「顔要らん」派に流れました。

特に今回の設問では、普段やっているNTR二項対立のシリーズと違って、設問の最初に「NTR好きの方」という但し書きを入れませんでした。
なのでこの今回の傾向差は、初期投票のNTRスキーな方と、その後のより広範なエロゲプレイヤーさんとの嗜好の違いを反映してるんじゃないかな~、というふうに読んでます。

NTRは「自分以外の男に愛する人を寝取られる」嗜好なので(あ、ひとまず男女逆の設定や百合&ゲイ、昨今話題のメス男子(⌒▽)は除外させてもらってます)、その「寝取る男」のひととなりってのが重要で、そこをガッツリ描いてほしい、ていう需要がより顕著に出てくる、
それに対して一般的なエロゲではプレイヤーさんは直接、行為中の♂に自分を投射して楽しむので、その人物の顔が出てくると感情移入の妨げになるんじゃないかな~、と。

この「男の顔問題」、
二項対立シリーズで、主人公に限定した訊き方で、更にNTR好きの方って枕詞付きでやってみた時にはかなり賛否が分かれて、しかも投票開始から終始「顔要らん」派が多数派を占めてたんですよね。
今回のと合わせて「自己投射」ってのを一つのキーワードとして捉えてみると、
たとえNTR者であっても、寝取られる主人公に自己投影するにおいては顔は描かれてない方がやりやすい、という事なのかな、と予想出来ます。

今回はことさら「顔」にこだわって設問作ったつもりはなかったんですけど、
結果的に前回のと合わせてこの「男の顔」が一つのテーマとして浮かび上がってきたのは、なかなか勉強になったな~と思ってます。


さてそんでもって、我が陰陽倶楽部としてはどうするか?ですが、、、

…ムッフッフ、そんなん、決まってるじゃないですかぁ!
ウチはNTR屋ですよ奥さん! アナタのご希望に、バッチリお応えイタします!
ウチの作品に出て頂く以上汚ッさんであろうがイケメンであろうが、NTL男の宿命を背負ったからにはカメラ前でおもっきりゲス顔晒して女の子の肢体をベロベロ舐め回して貰います!組んず解れつ、全身汗まみれになってオシゴトして貰います!(゚∀゚*)

………男なんか見たくない健全?な性的嗜好の皆様には、どうもスミマセンm”(._.)”m
…ただ………ちょっとアイデアは浮かんだんですけど。

イベントシーンの画像では男の姿だけ別レイヤーにして、
(場合によってはその下にシルエット処理した姿形レイヤー置いておいたりして)
コンフィグのスライダー設定なんかで、男姿の方は透過させたり影絵に切り替わるようにして、
スライダー目いっぱいにしたらムサイ男は元からシャットアウト!
…みたいなシステム入れたら需要あるのかな~、などと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>